沖縄良店

【閉店】BOKENKA〜人と料理と空間のカオス〜

1148762_451680201596263_1674391591_n

今回は宜野湾市にあるバー、「ボーケンカ」にお邪魔した。
実のところ、このお店については実際に取材するまではどんなお店なのか、
全くイメージが湧かなかった。
というのも、このお店について、常連さんから以下のようにご紹介を受けていたからだ。

とにかく、単なるバーじゃなくて他にはない雰囲気のお店。

非常にアットホームだけど、日常とは違う空間。
ただ、実際に来てみないと、ニュアンスが伝えにくいなあ。」
心の声(どうしよう・・・。どういうお店なのか全くイメージが湧かない。)
でも、「毎週金曜日いつもそこで飲んでいるんだ!」
とお店の事を語る彼の目は 非常にキラキラしていた。
よし、彼のキラキラした目を信じよう!!
こうして私は、「ボーケンカ」を取材する事に決めた。

◎お店のコンセプト「様々なお客さんのニーズに答える。

看板には「バー BOKENKA ボーケンカ」と書いてあった。
しかし、店全体の雰囲気としては、普通のバーとは一風違った空間が広がっていた。
確かに、カウンターがあって様々なお酒が並んでおり、窓際には落ち着 いた感じの席があった。
そこだけ見ると、いわゆる“バー”だとしてもなんら 不自然な部分はない。
では、どこが普通のバーと違うのか?

1239921_451680618262888_821241966_n

1「照明が非常に明るい! 」

我々がお邪魔したのが19時半くらいで、外はまだ明るかったという影響も多 少あるかもしれない。
いや・・・それを差し引いてもかなり明るい。
加えて、椅子が全体的に低めで座りやすい感じになっている。
よく見ると、お店の中央の方にスクリーンがあった。
スポーツバーだったら、これくらい照明が明るいお店もあるよね。
でも、それだけではないんです!

2「太鼓とカラオケ 「太鼓?!」「カラオケ?!」」

なんと、カラオケがあった。
そして、超ノリノリになった客のため(?)に大小の太鼓も完備。

1234943_451680484929568_2141066077_n


1235062_451680684929548_185186393_n

3「居酒屋のようなメニューと沖縄そば。」

バーというと、通常は豆類、チーズ、ソーセージやスナックのおつまみ系が多いが、
ボーケンカは「焼うどん」「チキン唐揚げ」「フーチャンプルー」などの、
居酒屋にあるようなメニューで構成されている。
一番人気は「チャップステーキ」(1,000 円)。

bokenka5

メニューの大半は500円となっており、バーとしては非常に良心的な価格だ。
そして、おどろいたのが「みっちゃんそば(沖縄)」。
そうです。
ボーケンカは沖縄そばが食べられるバーです!
もう、“カオス(混沌)”って感じ!(良い意味で)
どうしてカオスになったのか?
最初から今のような“何でもアリ”のスタイルではなかったそうだ。
店長のしのぶさん曰く、「最初はカラオケバーのようなスタイルでしたが、
いろんなお客さんのニーズに答えようとしていたら、こんな感じになった。」との事。

 

普通はそれで、「なんか、よくわからないお店だなあ」と、
マイナスに取られる 事が多いと思うが、ボーケンカはそう感じない。
なんというか「いろんな要素が上手く調和していて喧嘩していない。」といった 印象。
当初気になっていたバーとか居酒屋とかいう“くくり”を気にするより、
むしろこの店のカオスっぷりをとことん楽しむべきだと感じた。


◎スタッフの採用条件「働きたい人に選んでもらう??」

お店の方も非常に明るく、話しやすいのも好印象だ。
どういう基準で採用しているのだろうか?店長のしのぶさんに尋ねてみた。

―「働くスタッフはどういう基準で採用しているのですか?」
店長「(こちらが選ぶというよりも)働く人に選んでもらうといった感じ。」

―「と、いいますと?」
店長「働きたいと言う人には、まずここで(本当に)働きたいかどうか、自分で選んでもらうという事です。
まずは、1 日か2日、(体験として)お店の様子を みてもらいます。
(その上で)自分にこの店が合うかどうか判断してもらいます。
自分に合わないお店で無理矢理働いても、楽しくないし何よりすぐに辞めてしまう。」

―「相手に選んでもらうといっても、『さすがにこういう方はお断り!』とい う基準はありますか?」
店長「時間に遅れるとか髪型や身なりがだらしない“ルーズ”な方はちょっと・・・。」

―「でも、それは面接時ではなかなか見抜けないですよね?」
店長「だから、問い合わせがあったらその日にお店に来てもらいます。
アルバイト募集について、問い合わせの電話があったら
『今すぐお店に来てください。』 とお願いします。
その人の普段の様子を見たいから。」

―「なるほど!」

◎今後の展望は?「外国の方も、たくさん来て欲しい。」

―「最後にお店の今後の展望を聞かせてください。」
店長「(日本人だけでなく)外国の方も、もっとたくさん来て欲しい。
以前、外 国人の常連さんがアメリカに帰る際に、シーチキンやアセロラをお土産に渡したら、
覚えてくれて、またお店に来てくれたという事があったのですが、
そんな風にいろんな国の人が楽しめるように、多種多様に対応して行きたい。」

英語が話せるスタッフがいて、英語で書かれたメニューもある。

◎おすすめポイント

・店の照明が明るく、椅子が全体的に低めで安心感がある。
・南国テイストの店内が沖縄にぴったり。沖縄そばも食べられる。
・常連さんも多いが、一見さんも入りやすい雰囲気で、また来たくなる。
・常連さんが突然カラオケバトルを始める。飛び入り参加も OK?
・外国人のお客さんもいて、英語と日本語が飛び交う。
・英語が話せるスタッフがいる。
・単なるバーでは物足りない人にぴったり。
・早い時間(19:00)から開いている。

◎ 店舗情報

・閉店


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です